HOME > 最新情報一覧 > 気象病
2013年11月20日 会員
気象病

気象病

 

気象病とは、近年認知されつつある病名で

「天気が悪いと古傷がうずく」など、天候の変化などにより体調異常を起こす病状がみられる。

主な治療法は、「規則正しい生活」、「十分な睡眠」や「正しい食生活」などがあるが、

他の原因による症状についてはこの限りではない。  wikipediaより

 

天気予報でも「気象病」という言葉をよく聞くようになり、注意を呼び掛けています。

しかし、本来調整可能でありながらも

気候(外部環境)と身体(内部環境)の喰い違いから調整できなくなっているだけで

病気ではありません。


とはいえ、最近の気温、気圧、湿度などの

急激な変化に適応するのはなかなか難しいのが現状です。

当院の玄関先にも異変が・・・。

 

例年より、早いヒイラギ。

 

枯れているはずのほうき草。

 

花が咲いているのに実が熟さないイチゴの木。

 

季節外れのバラ。

 

自然界もなにかおかしい・・・。


そこで、適応能力をアップするには、胸郭(肺)がキーワードとなります。

深い呼吸を心がけまずが、乾燥から身を守り、身体が冷えないように工夫して下さい。

冷やさない方が良いのですが、体中ホッカイロというのは、温め過ぎです。

発汗は、身体を冷却するための反応ですので、


「すぎたるは、およばざるごとし!」

 

面倒くさがらずに微調整を怠らず、積極的に身体を動かしましょう。

カテゴリー

お知らせ (9件)



ページトップへ